<< iPhoneアプリケーション パワースポット写真集 総合3位に! | main | 縁結びのパワースポット「九頭龍神社」でピンクカレー >>
パワースポットのパワーに頼らないということ
 「パワースポット」いつのまにか、すごいメジャーな言葉になっていた。
メジャーになる分、多くの解釈もされて、研究の対象になり、攻撃もされる。
ま、メジャー故しょうがないですよね。

日経ビジネスなんていう、固そうなのサイトでも最近2つほど記事を見かけた。

この小田嶋さんが書かれた「パワースポットめぐりでパワーを奪われていないだろうか?」という記事。この記事自体は、最近のパワースポットを扱う番組の無責任さを危惧し、また、多くの視聴者がパワースポットにのせられているとして
パワースポットのような営業トークにひっかかってしまうのは、たぶん、一人前の大人としての判断力を身につけていないという意味で不運な人々なのだと思う。で、そんなふうに不運に生まれついた人物であるがゆえに、彼らには、パワースポットのような擬似的な慰めが必要なのかもしれない。ここまではわかる。が、業者の側から見れば、彼らの利益の源泉は、運の悪い人間の運の悪さにつけこむことの中にしか無いわけで、つまり、運の悪いカモはカモられ続けるということになる。こんなことで良いのだろうか。彼らはパワーを奪われているのではないのか?
と、分析しています。 僕自身、パワースポットが大好きで、なんとか、多くの人に伝えたいなあとはおもっていましたが、最近の盛り上がり方は、ちょっと、異常だなあともおもっています。 
セドナや清正井はたしかに、パワースポットなんだけど、それだけじゃないんですよね。

 小田嶋さんの論点とはちょっと、違うのですが、パワースポットにご利益とか、パワーを期待するのは、よくないかもなあと思っています。

 パワースポットという場所は、実はどこにでもあって、人それぞれ、必要な場所もタイミングも違うのではと思います。 それは、スポットのような場所に限らず、人との出会いもそうですよね。 

だから、パワースポットっていうのは、この世界全体がすごーく、よくできた、ワンダーランドで、この驚き世界に、やってきて、僕らは、人生しているってことを、思い出すための「きっかけ」なんじゃないかとおもっています。 

「きっかけ」とか、「付箋」でもいいけど、そのくらいのもの。

 パワースポットのうさんくささは、見えなくて、測定不能、なところではありますが、「富士山」の美しさが測定しようがないように、パワースポットのパワーも測定しようがないのですよね。 
 テレビでだれかがなにかをいってそれにのせられるのは、パワースポットの問題じゃなくて、テレビとかに頼ってしまう何か弱さとかかな。 

納豆ダイエットとかっていうのもありましたものね。

 だれかの体験談がどうであれ、ぜひ、ご自身で体験してみてください。 

明治神宮も、皇居も、セドナも富士山も、美しい場所であることは確かです。
 美しさのなかで、落ち着いて、自分自身を見つめてみる。 そのこと自体がパワーアップですね。

 おー、そうなると、別に、どこにもいかなくてもいいぞー 今いる場所で、ちょっと、落ち着いて、パワーを感じてみましょうか。
| - | 13:54 | comments(2) | trackbacks(0) |
パワースポットへ行ったからといって、ご利益があるわけではないと思います。
その場所へ訪れることができた「感謝」であり、「感動」がベースにあり、自分自身が本来持っている「優しさ」や「慈しみの心」、また「愛」というものを“思い出す”場所なんじゃないかと思っています。
ブームになりつつあるパワースポットですが、他力本願的に、行けば何かギフトをくれるような場所ではありません。
メディアでの取り上げられ方に、最近少々疑問を持ちます。
自分の部屋や、近くの公園で自分自身、気持ちよくなれて、本来の自分に戻れるのであれば、そこがその人にとってのパワースポットなんだと思います。
| YASS | 2010/05/08 11:04 PM |

YASSさん
コメントありがとうございます

実は最近テレビみることがめっきり少なくなり、どのくらいひどいことになってるかは、よくわかってなかったりします。
そういえば、納豆ダイエットのときも、直接テレビをみたわけではなく、スーパーから納豆が消えて騒動を知りました。
僕自身も、
「ダウンタウンDXでパワースポット清正井が紹介されました」
http://powerspots.info/?eid=105
なんていうエントリを無邪気に書いてたりしてるのですが、この番組もみてないのですよ。どちらかというと、powerspots.jpへのアクセスが急増してしらべてわかったことです。

>メディアでの取り上げられ方に、最近少々疑問を持ちます。
ということは、たぶんそうなのですが、個人的には、理由はどうであれ、一度パワースポット行ってみれば、きっとなにか感じてもらえるだろうという期待感から、このブーム自体は歓迎していました。

その何かは、人それぞれ違うんですが、僕にとっては、98年に書いたセドナ日記のあとがきで
----------------
 何か不思議な体験でもできるかな、と期待したセドナだったが、結局そういうものには巡り会えなかった。UFOも飛ばなかったし、神秘体験とやらにも縁がなかった。
 しかし、多くの奇跡に遭遇できたいた事を、この日記を書き終えた今、実感することができる。僕が、セドナに行ったこと自体、起りうるためにはかなりの条件がそろう必要があった。
数々の偶然が重なって、僕はセドナでのいろんな、「ハプニング」を経験することができた。
振り返れば、セドナの地に続く完璧なシナリオがあったことに気付く。

 これは、奇跡ではないか。
(中略)
セドナ旅行は僕にとって、結果でもあり、通過点でもあり、始まりでもあったと思う。
しかし、考えて見れば、セドナに限らずとも、僕が経験すること全てが、なにかの成果であり、また次の何かのきっかけに違いない。
98年は、僕の、そんな、なにか「流れ」のようなものが急激に速く、大きくなった年だった。
(中略)
セドナの「地」・「場」が僕にくれた贈り物。
僕が地球人としての自由と責任を自覚すること。
そして、何処にいても、僕が奇跡の瞬間を生きていることを思い出させてくれることであった。

http://homepage.mac.com/funami/tabi/sedona/Ending.html
-----------------
という感想をまとめています。
ただ、こういう感覚は、やっぱり現地に行かないと思いつかなかったことで、現世利益でもなんでもいいから、いってみれば、なんかわかるだろうと期待しているのは、こういう体験から、でした。

>その場所へ訪れることができた「感謝」であり、「感動」がベースにあ
>り、自分自身が本来持っている「優しさ」や「慈しみの心」、また「愛」
>というものを“思い出す”場所なんじゃないかと思っています。
まったく、同感です。
清正井だけじゃない、セドナだけじゃないということに、気がつくためにも、そこに行ってみるって感じでしょうか。

ブームだとすれば、まあ、あと3ヶ月もすれば、落ち着くかもしえませんね。納豆も普通に買えてますし(^^;

落ち着いて、パワースポットってなにかを伝えていこうと思います。
これからも、よろしくおねがいしまーす。



| タカオ | 2010/05/09 6:22 AM |










http://travel.jugem.cc/trackback/114
ABOUT
みんなで作るパワースポットのクチコミサイト"POWERSPOTS"の公式ブログです。 公式ブログトップ
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 眞鍋かをりさんのブログで明治神宮の清正井が紹介されていました
    常識 (11/23)
  • 書籍紹介:癒しのパワースポット オアフ島
    タカオ (06/20)
  • 書籍紹介:癒しのパワースポット オアフ島
    YASS (06/18)
  • パワースポットのパワーに頼らないということ
    タカオ (05/09)
  • パワースポットのパワーに頼らないということ
    YASS (05/08)
  • 書籍紹介:癒しのパワースポット オアフ島
    タカオ (02/17)
  • 書籍紹介:癒しのパワースポット オアフ島
    YASS (02/16)
  • 2010年はパワースポットの年かも
    タカオ (02/13)
  • 2010年はパワースポットの年かも
    YASS (02/11)
  • パワースポット、シャスタ山の歩き方、また、売り切れに
    タカオ (08/30)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
モアイ飛ばし
癒しのツアー
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
RECOMMEND
(お徳用ボックス) クリスタルガイザー 500ml ×24本
(お徳用ボックス) クリスタルガイザー 500ml ×24本 (JUGEMレビュー »)

シャスタ山のふもとの湧き水をボトルにつめているとのこと。井戸水を強制的にくみ上げたりせずに、流れの一部をいただいているそうです。遠路はるばるどうもありがとう
RECOMMEND
OTHERS